セミナー一覧


セミナーへのご参加を希望される方は、あらかじめ来場者事前登録が必要です。
お手数ですが、事前登録完了後、再度セミナーをお申込みください。
フィンランドセミナー中止のお知らせ
T-2とP-1のフィンランドセミナーは、ご出展社様のご都合により中止となりました。
ご理解の程、宜しくお願い申し上げます。
  • 国際会議

  • 2017年 5月25日(木)

  • 12:45

    2017-05-26 16:30

     

    バリシップ2017 国際会議

    終了

    • 開催日時 : 2017年05月25日 12:45 ~ 2017年05月26日 16:30
    • 会場/開催地 : 今治国際ホテル2階「クリスタルホール」
    • 主催 : 今治市海事都市交流委員会、海事プレス社、UBMジャパン
    • 参加料/受講料 : 28,000円(税込)
    • 5月25日(木)


      12:45

      【開幕挨拶】

      菅 良二今治市長

      12:50~13:40

      【基調講演】

      商船三井・武藤光一会長

      13:40~14:00  

      コーヒーブレーク

      提供:リベリア船籍登録

               リスカジャパン

      14:00~15:30  

      【造船パネルディスカッション】

       

      パネリスト:

      今治造船・檜垣幸人社長

       

      尾道造船・中部隆社長

       

      旭洋造船・越智勝彦社長

       

      サノヤス造船・上田孝社長

       

      新来島どっく・曽我哲司社長

       

      司会:伊藤忠商事・今村龍男船舶海洋部長

          今治海事都市交流委員会によるウェルカムパーティー


      ※造船経営者の方に追加でご出席いただく場合がございます

       

      5月26日(金)


      10:00~11:00

      【特別講演】

      百十四銀行・綾田裕次郎頭取

      11:00~12:00

      【特別講演】

      三井物産・安永竜夫社長

      12:00~13:15  

      ランチ

      提供:日本海事協会

      13:15~14:45  

      【舶用メーカーパネルディスカッション】

       

      パネリスト:

      潮冷熱・小田茂晴社長

       

      シンコー・筒井雄三経営管理本部副本部長

       

      大洋電機・山田沢生専務取締役

       

      ナカシマプロペラ・中島崇喜経営企画室長

       

      マキタ・槙田裕社長

       

      眞鍋造機・眞鍋将之社長

       

      司会:MTI社長・田中康夫氏

      14:45~15:00  

      コーヒーブレーク

      15:00~16:30  

      【船主パネルディスカッション】

       

      パネリスト:

      菅原汽船・菅原博文社長

       

      瀬野汽船・瀬野洋一郎社長

       

      双輝汽船・藤澤敏朗会長

       

      東豫海運・大河内忠人社長

       

      日鮮海運・阿部克也社長

       

      福神汽船・瀬野利之社長

       

      司会:アンカー・シップ・パートナーズ・辻 肇社長

       

       


       

  • 特別セミナー

  • 2017年 5月25日(木)

  • 10:20 ~ 11:20

     

    [T-1] 海外グループセミナー

    終了

    • 開催日時 : 2017年05月25日 10:20 ~ 11:20
    • 会場/開催地 : 展示会Cゾーン2階 特別セミナー会場
    •  

      【逐次通訳 英語⇒日本語】

      オランダの船舶機器とサービス                                  

       



      オランダパビリオン

       

  • 11:40 ~ 12:40

     

    [P-2] SSIプライベートセミナー

    終了

    • 開催日時 : 2017年05月25日 11:40 ~ 12:40
    • 【逐次通訳 英語⇒日本語】

      日本の造船業界における同期化された造船所のビジョンとは

       

      日本の造船所特有の課題に取り組む、アジャイルで革新的な技術プラットフォームについて学んで頂けます。拡張可能なPLMプラットフォームを使用して、柔軟で構成可能な3D設計およびエンジニアリングツールを統合します。造船のライフサイクルを完全にカバーし、造船所の作業を同期し、管理、制御を行います。本ソリューションはアメリカ最大の造船所のひとつであるハンティントン・インガルスで証明されているように、迅速に実装し、成果をあげることが可能です。



       

      SSI CEO Mr.Darren Larkins

      アラスジャパン合同会社 社長 久次 昌彦氏

  • 13:00 ~ 14:00

     

    [T-3] 日本海事協会セミナー

    終了

    • 開催日時 : 2017年05月25日 13:00 ~ 14:00
    • 会場/開催地 : 展示会Cゾーン2階 特別セミナー会場


    •  

      船舶からの排ガス規制(NOx、SOx・PM)とその対応について


      船舶よりのNOx、SOx・PM排出に関わる国際的な規制が段階的に強化されており、特に2020年からは従来の排出規制海域(ECA)外の一般海域においても燃料油中の硫黄分濃度が0.50%m/m以下に規制されることが決定された。本講演ではNOx、SOx・PMに関わる規制動向及び関係者に求められる対応に加え、これらの課題への本会の取り組みを紹介する。


      一般財団法人 日本海事協会 資源エネルギー部主管 西藤 浩一氏

      一般財団法人 日本海事協会 機関部主管 岡本 太郎氏

       

       

       

       

       

       

  • 14:20 ~ 15:20

     

    [T-4] 日本海運集会所セミナー

    終了

    • 開催日時 : 2017年05月25日 14:20 ~ 15:20
    • 会場/開催地 : 展示会Cゾーン2階 特別セミナー会場
    • 環境規制が海運市況に及ぼす影響の見通し


      環境規制が海運市況に及ぼす経済的な影響を考察する。環境規制は新造船価の上昇、燃料費の上昇、維持費の上昇などコストアップ要因となる一方で、船腹リプレースおよび解撤需要の喚起、船腹新規供給圧力および競争の抑制要因となることも想定される。環境規制が海運市場にどのような影響を及ぼし、その結果海運市況がどのような影響を受けるのかにつき展望する。



      ジャパンシッピングサービス株式会社 営業部チームリーダー 藤井 一郎氏

       

       

  • 15:40 ~ 16:40

     

    [T-5] 海上技術安全研究所セミナー

    終了

    • 開催日時 : 2017年05月25日 15:40 ~ 16:40
    • 会場/開催地 : 展示会Cゾーン2階 特別セミナー会場
    •    

      海事クラスターによる共同研究開発システムの試みについて


      わが国海事産業の国際競争力を高めるには、関係産業界・大学・研究所が一丸となった

      的確で高度な研究開発が必要です。海上技術安全研究所が提案する新しい

      海事クラスター共同研究開発システムについてご紹介します。

       

      国立研究開発法人 海上・港湾・航空技術研究所 理事長 大和 裕幸氏

      実海域性能向上に向けて


      上記システムの実海域性能プロジェクトについて、実海域における実船性能モニタリング手法、

      実海域性能推定及び性能評価手法の構築等に係る取り組みについてご紹介します。

       

      海上技術安全研究所 実海域性能研究グループ長 辻本 勝氏

      GBS(ゴールベーススタンダード)の取り組みについて


      上記システムのGBSプロジェクトに関連し、GBSに関するこれまでの取り組みと

      現状の課題を概説します。また、NK及び海技研が中心となって、日本の技術力を結集した

      IMO GBS及びIACS CSRを超える船体構造設計指針の開発等に向けたプロジェクトを

      立上げるための活動に着手したので、その概要等をご紹介します。

       

      日本海事協会 開発本部長(前海上技術安全研究所 構造安全評価系長) 有馬 俊朗氏

      自律船への取り組みについて


      上記システムの自律船プロジェクトに関連し、自律船の概念や必要な機能について概説した後、

      海技研が行っている自律船に関わる研究として自律型航行システムの妥当性評価方法の構築等についてご紹介します。

       

      海上技術安全研究所 運航・物流系長 福戸 淳司氏

  • 2017年 5月26日(金)

  • 10:15 ~ 12:40

     

    [T-6] 海事ITセミナー

    終了

    • 開催日時 : 2017年05月26日 10:15 ~ 12:40
    • 会場/開催地 : 展示会Cゾーン2階 特別セミナー会場
    • 業界全体で支える海事ITオープンプラットフォーム


      船舶IoTデータ利活用によるイノベーション創出を促進するオープンプラットフォーム


      船舶の安全性や性能の更なる向上などIoTによる新たな価値創出への期待が高まる中、ShipDCは海事産業のおけるIoTの活用を推進すべく、データ収集基盤を運営しています。船舶に関わる多様なデータを実際に提供・活用するにあたっては、初期投資や秘匿性の確保、契約関係の煩雑さなどが障害となります。本講演ではShipDCがこれらの課題解決のために提唱するデータ流通の枠組みと提供サービスをご紹介します。


       

      株式会社シップデータセンター(ShipDC) 代表取締役社長 永留 隆司氏

       

       船陸通信およびオープンプラットフォームによる海事ITへの貢献

       

      古野電気では、衛星通信事業を通じて培った船陸および船内ネットワーク構築技術を活かし、IoTサービス基盤、FOP(Furuno Open Platform)をご提供します。FOPは、船舶の多様なシステムからデータを収集し、ShipDCと連携して陸上システムへデータを届ける役割を担います。

      本講演では、海事産業におけるビッグデータ活用におけるFOPの位置づけと、導入のポイントをご紹介します。


       

      古野電気株式会社 衛星通信部 営業課長 森 進氏


      運航モニタリングと解析技術がもたらす船舶性能の把握とビジネス転換


      IoTの急速な成長は,実海域での航海情報の収集を容易にしつつあります。しかし,膨大なデジタル情報をビジネスの問題解決に活かすには,データ解析により知見・理解を得る必要があります。本講演では,NAPAが提供する運航モニタリング・船舶工学に基づく性能解析サービスに加え,船舶性能の把握がもたらす海事産業への影響やShipDC活用の将来展望等をご紹介いたします。



      NAPA Japan 株式会社 Manager Partnership Projects  村上 貴志氏

       


      船舶IoTデータを用いた異常監視・自動診断・保守支援プラットフォームとその活用について


      収集されたビッグデータを解析し、早期の異常検知、自動トラブルシュート、 状態診断に基づく余寿命予測、余寿命予測に基づいた動的保守スケジューラーの機能を持ったCMAXS LC-A/e-GICSXをご紹介いたします。 また、本システムを統合サポートプラットフォームとして、主機以外の機器にも展開している実例、効果、課題についてご紹介します。



      株式会社ディーゼルユナイテッド 室長 藤井 幹氏

       

      新スマートナビゲーションシステム研究会の取り組みと、船舶IoTにおけるビッグデータの活用


      安全で効率的な船舶運航を可能にするためには,航海,機関,気海象など多くのデータを有機的に結合し,共有化するシステムを構築し,これらのデータを活用したアプリケーションを運用することが重要である。このシステム構築を容易化するため,当研究会は船舶搭載機器やシステムと各種アプリケーション間での情報共有を可能にするための船内及び船陸間のオープンプラットフォームを開発している。また,活動成果をもとに考えられる船舶IoTにおけるビッグデータの活用事例を紹介する。

       


      渦潮電機株式会社 ITイノベーショングループ 参事/

      日本舶用工業会新 スマートナビゲーションシステム研究会 国際規格化 WGサブリーダー

      山田 隆志氏

  • 13:10 ~ 14:10

     

    [T-7] 海事ITセミナー

    終了

    • 開催日時 : 2017年05月26日 13:10 ~ 14:10
    • 会場/開催地 : 展示会Cゾーン2階 特別セミナー会場
    • 次世代人工知能による海事産業の構造革命


      本セミナーでは,最近注目されているDeep Learning に代表される統計的機械学習,並びに講演者の研究室で進めている次世代の人工知能技術である進化的機械学習を,海事産業に応用することの可能性について,人工知能を専門としない方々を対象にして平易に解説します.話題としては,時系列変動の予測や自律エージェントシステムなどを扱う予定です.



      横浜国立大学 大学院環境情報研究院 教授・YNU 人工知能研究拠点長  長尾 智晴氏

  • 15:00 ~ 16:30

     

    [T-8] 今治地区海運組合セミナー

    終了

    • 開催日時 : 2017年05月26日 15:00 ~ 16:30
    • 会場/開催地 : 展示会Cゾーン2階 特別セミナー会場
    • 内航海運業界を取り巻く課題について

       

      国内物流の海上輸送、災害時の緊急輸送等内航海運の重要な役割についてご説明致します。



                     日本内航海運組合総連合会 理事長 加藤 由起夫氏

  • 2017年 5月27日(土)

  • 11:00 ~ 12:00

     

    [T-9] 日本船主協会セミナー

    終了

    • 開催日時 : 2017年05月27日 11:00 ~ 12:00
    • 会場/開催地 : 展示会Cゾーン2階 特別セミナー会場
    • 外航海運の現状と今後の課題

      ~外航海運の役割をわかりやすく説明します~


      日本の外航海運の概要、その役割や重要性、業界を取り巻く課題・環境問題等を平易に説明します。



      一般社団法人 日本船主協会 常務理事 田中 俊弘氏

  • イベント

  • 2017年 5月27日(土)

  • 13:30 ~ 14:30

     

    [E-1] BARI-SHIP × Bari Challenge University

    終了

    BCU学長/FC今治オーナー 岡田武史氏と今治市海事都市交流委員会副会長 小田雅人氏、コーディネーターとして東海大学海洋学部 山田吉彦教授をお招きし、BCU卒業生を交えてトークセッションを開催。
    【トークテーマ】
    ○海事都市今治で若者はどんなチャレンジができるか。
    ○都市の若者から見たバリシップの未来

    • 開催日時 : 2017年05月27日 13:30 ~ 14:30
    • 会場/開催地 : 展示会Cゾーン2階 特別セミナー会場
    • ゲスト:

      BCU学長/FC今治オーナー 岡田武史氏

      ゲスト:

      今治市海事都市交流委員会 副会長 小田雅人氏

      (渦潮電機(株)代表取締役)

       

       

       

       

      ゲスト: BCU卒業生有志

       

      コーディネーター:

      東海大学海洋学部 教授 山田吉彦氏

       

ページTOPへ